クレジットカード現金化は相場を知っておく

お金がピンチになってしまったとき、便利なのがクレジットカードの現金化です。急にお金が必要になる場合、キャッシングなどの方法もありますが、この場合、審査などがあります。審査にとおらなければ、お金を借りることが出来ませんし、既に他社で借り入れがある場合には、キャッシングが出来ないことも多いです。

しかし、クレジットカードの現金化は審査や在籍確認などもありません。クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にすることが出来ますので、クレジットカードさえ持っていれば問題ないのが魅力です。また、クレジットカード現金化を初めて行う場合、流れや換金率の相場などを知っておく必要があります。そこで、クレジットカードの現金化や、その相場など詳しいことについてみていきましょう。

クレジットカード現金化は便利だけど、どこでも良いというわけではない

女性クレジットカード現金化は、手持ちの現金がピンチの時にとても便利な方法です。ショッピング枠を利用して手元に現金を調達することが出来ますので、いつでも利用することで現金が受け取れます。最近では、クレジットカードの現金化業者なども無店舗型の店舗がたくさんあり、インターネット上で手続きなどを完了させることが出来ますし、さらにその日中に振込までしてもらうことが出来ます。

しかし、クレジットカードの現金化を成功させるためには、どの現金化業者でも良いというわけではありません。現金化をするならば、換金率が高い業者を選ばなければ、結果的に損をしてしまうことになってしまいます。現金化業者といっても、色んな業者がありますし、換金率が非常に低い業者や、手数料などを差し引かれてしまうことで、換金率が下がってしまう業者もあります。

たとえば、同じ5万円でも換金率が低ければ、受取金額がものすごく低くなってしまうことになります。このため、どこでも良いから換金できればいいというものではなく、換金率が高いところを選ぶ必要があります。しかし、最近ではどの現金化業者でも「換金率95%以上」と謳っています。クレジットカードの現金化をするためには、まずは換金率の相場というものを知っておく必要があります。相場を知ることで、その業者の換金率が高いのかどうか、また優良業者なのかどうかなどを知ることが出来るのです。

クレジットカード現金化業者の換金率の相場は?

グラフ

そこで、知っておきたいのがクレジットカード現金化業者の換金率相場に関することです。実際の換金率の相場ですが、70%~80%程度が相場であるとされています。広告には、90%以上と書かれている現金業者のサイトもありますが、これは数百万円単位で取引をしない限り、あり得ない換金率となります。

ネットでみるような90%以上という換金率はけして嘘ではありませんが、ほとんどの方が利用金額50万円以下ですので、その相場の範囲内の換金率となってしまいます。もしも、90%という現金化業者があったとしても、実際に振り込まれた場合に、手数料などを差し引かれてしまい、結局振り込まれた金額はこちらの相場を下回ってしまうというケースもあります。

さらに、90%という換金率で現金化をした場合、その業者は赤字で潰れてしまいます。初めて利用をする方の場合には、こちらの90%という換金率は最大の換金率であり、実際にはあり得ないということを知っておきましょう。

換金率が高いほどそれだけリスクが高くなることも

男性

クレジットカードの現金化にはこのように、相場が存在します。90%以上と書かれていたとしても、それはあとから手数料などを差し引かれてしまうことなどがありますので、ほとんどの業者でこういった換金率は存在しません。

しかし、どうせなら換金率が高い方法を選びたい…という利用者の方も多いです。たとえば、自分で現金化をする方法の場合、クレジットカード現金化業者を通しませんので、換金率はこれらの相場よりも高くなります。または、自分でクレジットカードで新幹線のチケットなどを購入して、そして金券ショップで現金化をするという方法があります。この方法の場合、クレジットカード現金化業者を通しませんので、仲介手数料などが発生しません。このため、換金率は相場よりも高くなります。

しかし、この方法の場合、換金性の高い商品を大量に購入して現金化することになりますので、カード会社の規約違反に引っかかってしまい、カードが利用停止となってしまうリスクがあります。このように、換金率の高い方法をとって現金化しようとするとそれだけリスクが上がってしまいますので、注意をしましょう。大体相場の範囲内で換金することが出来る業者を選んだ方が、無理なく安全に現金化することが出来るのです。

まとめ

このように、クレジットカード現金化をする場合、換金率の相場を知っておくことが大切です。それより上回りすぎても、下回りすぎても、何らかのリスクがありますので、注意をしましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。